カラフルな輪ゴムで編み物。バンダルームとかレインボールームとか。

2014-10-09

子どもの頃(私の場合、昭和の後半ですね)、リリヤン(リリアンじゃないですよね?)で遊んだ記憶があります。編み物みたいなアレですね。
野球をしたリサッカーしたり、「ドロケイ(ケイドロ?うちの辺りはドロジュンって言ってましたが)」したり「オウヨコスイ」したりと、外遊びばかりしていた気がするのですが、よく思いだしてみると、リリヤンとかあやとりとか牛乳キャップをめくったりとか、いろんな遊びをしていたと思います。

最近、なんだかそれに似たような遊びが流行ってるんですね。

バンダルームとか、ファンルームとか、レインボールームとか。

メーカーによって名前はいろいろあるようですが、要するにカラフルな輪ゴムで編み物をする遊びといえば分かりやすいでしょうか。
商品名についている「ルーム」は「room」ではなく、「loom=織機,機(はた)」だそうです。

アメリカ生まれで大人気のおもちゃだそうで、日本でもワイドショーで紹介されたりして、いま、売り切れ続出の品薄状態なんだとか。

わが子が二人とも男子だということもあってか、そのフィーバー振りにまったく気がついていなかったのですが、YouTubeをみると確かに制作動画がたくさんありました。で、いくつか見てみたのですが、すでにオジサンの私には「なんか、めんどくさそぉだな」という感想……。

そんなことで購入には至っていなかったのですが、先日たまたまバンダルームを持っている人がいたので、ちょっと見せてもらいました。
その人もオジサンなのですが、つくるところを実際に見せてもらうと、なかなか軽快にゴムを引っかけて鍵棒を器用に使ってサクサク編んでいくじゃありませんか。
それを見ていたら「自分もちょっとできるかもー」なんて。5分くらいでできる簡単なものを教えてもらってつくってみました。

それがこれ!ジャジャーン!!

PA070002

どうですか。
「オレンジと黒」と「ムラサキと黒」のくしゃっとしたシングルブレスレットが私がつくったものです!
ビミョーですか?腕にはめればもう少しいい感じですけどね…。

その気になったらもうちょっと頑張ってつくりたいと思います(当分ムリかな……)。

Copyright © ボクナリ*おもちゃブログ All Rights Reserved.